エイジオブフローラ(Age of Flora)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

欲張りすぎずに花集め

バラ、ヒマワリ、ユリ、アサガオ、ゼラニウム、アスター。これら6種類の花カードを他のプレイヤーより先に集めて貴族たちに送り届けるセットコレクションゲーム。サザンクロスゲームズの「エイジオブ」シリーズ18作目で、ゲームマーケット2022春に発売された。めくってバーストしなければゲットできるという「プッシュ・ユア・ラック」メカニクスを用いながらも運の要素を抑え、戦略的なゲームになっている。

手番には山札から花カードを1枚ずつめくって、種類ごとに分けて並べていく。6種類全部が出るか、1種類が5枚になるとバースト。好きなところでやめて、バーストしていなければ花カードを獲得できる。ただし「ONE MORE!」カードをめくると、強制的にもう1枚めくらなければならない。バーストを回避できる「排除チップ」があるので、ここぞというときは勇気を出してめくりたい。

花カードの獲得は独特で、枚数が2位の花以外を1枚ずつ取っていく。いずれかの花アイコンを先に7つ集めることが目標だが、集めている花カードが取れるかどうかと、バーストのリスクを天秤にかけてめくらなければならない。「今やめると取れるカードは……全くいらない」「あのカードを引けばほしいカードが取れるけど、バーストのリスクを冒してまで取るべきか?」

最後にめくったカードによってボーナス効果があり、タイブレーカーをもらえたり、カードの位置を交換できたり、山札からカードをもらえたり、パトロンカード(条件を達成すると勝利点)をもらえたりする。ほしいカードが取れなくても、バーストのリスクを取るよりもこのボーナス効果で満足できることもある。

しかし花カードのコレクションは早いもの勝ち。同じ花アイコンを7つ集めたプレイヤーは「メイン契約」達成で勝利点が入り、その時点でその花アイコンが2位のプレイヤーは「サブ契約」で少しの勝利点とボーナス、3位以下のプレイヤーは排除チップなどを獲得する。いずれも花カードは捨て札になってしまうため(1,2位は全部、3位以下は1枚だけ)、他のプレイヤーの状況を見て1位を取れそうな花を集めたいところだ。

何枚か契約が達成されると契約カードの山札の下からゲーム終了カードが出てくるので、そこから最終ラウンドを行ってゲーム終了。契約の得点と、花のボーナスでもらえるパトロンカードの条件達成の得点を足して勝者を決める。

カードをあと1枚めくるたびに状況が変わり、その都度そこでやめるかさらにめくるか、またバーストしてしまったときに回避するかどうかの選択が悩ましい。悩んでいるうちに次の1枚への期待も高まり、いいカードを引けたときは超嬉しい。

Age of Flora
ゲームデザイン:N2/監修:北条投了
サザンクロスゲームズ(2022年)
1~4人用/10歳以上/30~60分
通販:ディスカバリーDDTバトンストア(楽天)/バトンストア(PayPayモール)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。