ディアシュピールから「One Hour Mystery シリーズ」2タイトル、11月20日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディアシュピール株式会社は11月20・21日のゲームマーケット2021秋を皮切りに、マーダーミステリー「One Hour Mystery シリーズ」として『六花と灰色の夢見草』と『六花と日輪草のベーカリー』を発売する。ゲームデザイン・かわぐちまさし、イラスト・緒方剛志、5人用(GM不要)、70分、3300円(予定価格・税込)。ゲームマーケットで購入すると得点クリアカードがもらえる。

ディアシュピールが店舗公演しているマーダーミステリー『六花が空を覆うとき』のスピンアウト作品で、同作の2年後にについて描かれたストーリー。崖っぷち少女探偵の早乙女六花(さおとめりっか)の周囲で起こる事件を解決する。『六花が空を覆うとき』を未プレイであっても楽しめるようになっている。

『六花と灰色の夢見草』は六花が通う「私立桜の丘高等学校」で起こった生徒の死の真相を解明するストーリー、『六花と日輪草のベーカリー』は六花がアルバイトをしている「窯焼きパン工房ひまわり」で起こったオーナーの死の真相を解明するストーリー。

ゲームデザインを手掛けたディアシュピール代表のかわぐちまさし氏は、『消えたパンツと空飛ぶサカナ』『ロナエナ ―厄災のギフト』『零に誠』など多くのマーダーミステリーを手掛けている。『ブギーポップ』シリーズや『Gods’ Gambit G―ゴッズギャンビットG―』などの手掛けた緒方剛志氏が、イラストだけでなくキャラクターデザインも担当している。

「六花と灰色の夢見草」「六花と日輪草のベーカリー」特設サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。