乗り物を集めて任務達成!『ロスト・エクスプローラーズ』日本語版、4月上旬発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは4月上旬、『ロスト・エクスプローラーズ:失われた地を求めて(Lost Explorers)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・C.シャブシ、イラスト・C.ドゥシャン、2~4人用、10歳以上、40分、3200円(税別)。

オリジナルはルドノート社(フランス)から今春世界同時発売となる新作。探検家となって失われた世界への秘密の入口を探すセットコレクションゲームだ。

各プレイヤーは5人の探検隊をもち、リーダー2人は痕跡をたどり、残る3人は装備を揃えて遠征する。手番には、探検隊を配置して乗り物(裏面は任務)トークンを取るか、乗り物トークンを揃えてボード上の各場所に行く。各場所には乗り物が2~3つ決められており、全て揃えなければならない。

任務トークンには2~3ヶ所の場所が指示されており、全てに探検隊を配置できたらミッション達成。リーダーが発見トラックを進み、手がかりのマスに到達すれば手がかりタイルを獲得できる。こうして先に4枚の手がかりタイルを獲得したプレイヤーが勝者となる。

探検隊を置いた時と、ミッションを達成した時に乗り物トークンや探検隊を戻さなければならないが、戻すのは1つだけなのでほかの任務につなげることができる。しかし乗り物トークの選択ではほかのプレイヤーに先を越されるかもしれない。

雰囲気たっぷりのゲームボードに加え、手がかりタイルの数字を組み合わせてQRコードを読み取ると、ゲームのエンディングが見られるようになっているという仕掛けも新しい。

内容物:世界地図ボード/箱 1つ、乗り物/任務トークン 64枚、初期乗り物/任務トークン 16枚、プレイヤーごとに探検隊メンバーコマ 4個、プレイヤーごとに探検隊リーダーコマ 2個、検証済みの場所マーカー 4枚、手がかりタイル 13枚

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です