フリップ&ライトで地図制作『カートグラファー』日本語版、4月8日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

アークライトゲームズは4月8日、ドイツ年間エキスパートゲーム大賞にノミネートされたフリップ&ライトゲーム『カートグラファー(Cartographers: A Roll Player Tale)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・J.アダン、イラスト・L.リベイロ、1~100人用、10歳以上、30~45分、2400円(税別)。

女王の命を受けたカートグラファー(製図家)たちが、最も良い王国の地図を書き上げるフリップ&ライト(カードをめくってプレイヤーシートに記入するスタイル)ゲーム。RPGキャラメイクゲーム『ロールプレイヤー』と世界観を共有するゲームとして、サンダーワークス・ゲームズ(アメリカ)から2019年に発売され、ペガサスシュピーレ(ドイツ)から発売されたドイツ語版でドイツ年間エキスパートゲーム大賞にノミネートされている。

カードをめくって指定された地形(家、森、川、畑)を各自のプレイヤーシートに書き込み、ラウンドごとに変わる得点条件で最高の得点を取ることを目指す。神殿の廃墟や金貨が描かれた地形をうまく活用したいところだが、罠カードがめくられると、プレイヤーシートを隣のプレイヤーに渡してお邪魔キャラを書き込まれてしまう。

4つの季節(ラウンド)を通して地図を作成し、王国最高の製図家になるのは誰か。『カートグラファー』と『ロールプレイヤー』のプロモカード14枚が付属する。

内容物:地図シート 100枚、カード 41枚、えんぴつ 4本、ルール説明書 1冊、プロモカード 14枚(カードサイズ:86×63mm)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です