『レス・アルカナ:光と闇』日本語版、9月17日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テンデイズゲームズは9月17日、『レス・アルカナ:拡張1 光と闇(Res Arcana: Lux et Tenebrae)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・T.レーマン、イラスト・J.デルヴァル、2~5人用、12歳以上、30~60分、2500円(税別)。プレイするためには『レス・アルカナ』基本セットが必要。
暗い大聖堂では、メイジは呪文を強化するために悪魔の力を呼び込んでいる。錬金術の研究室では、神学者が破壊の巻物を書き込む。一方、吟遊詩人と獣使いは、闇の力を抑えるために、プリズムドラゴンと黄金のライオンを探し出す――。
昨年7月に日本語版が発売され、今年のドイツ年間エキスパートゲーム大賞推薦、フランス年間ゲーム大賞エキスパート部門大賞を受賞したカードゲームの拡張セット。5人までプレイできるようになるほか、少人数ルールも同梱され、幅広い人数で楽しめるようになる。
また新たなアーティファクト「デーモン」、使い捨てのパワー「スクロール」のほか、4人のメイジ、2つのマジックアイテム、4つのモニュメント、4つの力ある場所、12のアーティファクトを追加し、新機軸を加えた新しい展開が待っている。
テンデイズゲームズ:レス・アルカナ:拡張1 光と闇

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です