ないものはどれ?『名探偵ミア・ロンドン』日本語版、6月12日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

mialondonJ.jpgすごろくやは6月12日、記憶ゲーム『名探偵ミア・ロンドン(Mia London and the Case of the 625 Scoundrels)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.ボザ&C.ルブラ、イラスト・ニカオ、2~4人用、6歳以上、10分、2500円(税別)。
名探偵ミア・ロンドンの依頼で、記憶をたよりに犯人のモンタージュを作るゲーム。オリジナルはスコーピオン・マスク(カナダ)から今年発売されたばかりの新作である。同社の作品は『ウェンディゴのこわい話』『デクリプト』『適当なカンケイ』『ゾンビキッズ:進化の封印』がすごろくやから日本語版となっている。
帽子、眼鏡、口ひげ、蝶ネクタイのデッキから1枚ずつ抜いてゲームスタート。各部位ごとにデッキをめくっては重ねていき、抜かれてなくなったものを考える。各プレイヤーはモンタージュ写真のように分割ページになった調査手帳で、これだと思う犯人像をセット。最後に答え合わせして、一番正解が多いプレイヤーが勝利する。
4パーツの組み合わせは625通り。記憶と消去法でないものを探すという新機軸で判断力が試される作品だ。
すごろくや:名探偵ミア・ロンドン

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です