『テラフォーミング・マーズ:動乱』日本語版、3月26日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tmturmoilJ.jpgアークライトゲームズは3月26日、『テラフォーミング・マーズ:動乱(Terraforming Mars: Turmoil)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・J.フリクセリウス、イラスト・I.フリクセリウス、1~5人用、12歳以上、120~150分、3200円(税別)。プレイするためには『テラフォーミング・マーズ』基本セットが必要。
『ヘラス&エリシウム(2017)』『ヴィーナス・ネクスト(2017)』『プレリュード(2018)』『コロニーズ(2018)』に続いて昨年秋に発売された拡張セット。自然災害や社会運動を乗り切るべく作られたテラフォーミング委員会で、政治的な闘争が繰り広げられる。
さまざまな政党に代議員を送るアクションがあり、ほかのプレイヤーよりも代議員が多ければ党首となり、さらに代議員が最も多い政党は与党となる。政党によって政策と与党ボーナスが異なるので、どこに代議員を送り込むかで戦略が分かれる。
さらに議長、与党の党首、与党の代議員になることで影響力をもち、イベントでさまざまな恩恵が得られる。ほかのプレイヤーが何を目指しているかも考慮して、利害を調整することが必要になるだろう。
新規のプロジェクトと企業も同梱され、やりこんでいるプレイヤー向けの上級拡張セットだ。
内容物:プレイヤーの代議員コマ 35個(各色7個)、中立の代議員コマ(14個)、プロジェクト・カード 16枚、企業カード 5枚、早見表カード 2枚、世界的命題カード 31枚、政策タイル 6枚、造星者の称号タイル 1枚、テラフォーミング委員会ボード 1枚、命題進行ボード 1枚、第一党マーカー 1個、ルール説明書 1冊(カードサイズ 88×63mm)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です