『ゾンビサイド:グリーン・ホード』日本語版、10月31日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

zombiecideghJ.jpgアークライトゲームズは10月31日、『ゾンビサイド:グリーン・ホード(Zombicide: Green Horde)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.ギートン&J.B.ルリアン&N.ラオール、1~6人、14歳以上、60分、12000円(税別)。独立型拡張セットのため、単体でプレイ可能。
CMON社(シンガポール)による『ゾンビサイド:ブラック・プレイグ』と同じく、中世暗黒時代を舞台にしたファンタジーゾンビゲーム。オリジナルの英語版は2018年に発売された。今度は「緑の軍団」オークゾンビと協力して闘う。
軍団マークのあるゾンビカードが引かれると、新たなゾンビが登場し、一箇所に軍団を形成。「軍団登場」のカードが引かれると、ボード上に広がってプレイヤーを襲撃する。
プレイヤー側にも新たな武器や呪文が加わりこれに対抗する。協力して迎え撃ちたいところだが、一箇所に固まりすぎると投石機の攻撃を受けるので注意が必要だ。
72体の豪華なミニチュアで独特の世界観に浸れるだけでなく、地図タイルの組み合わせにより10種類のシナリオが用意されていて、リプレイアビリティも高い。さらにシナリオを自作して楽しむこともできる。
内容物:ミニチュア 72体、地図タイル(両面仕様) 9枚、ステータスボード 6枚、生存者カード 6枚、生存者用カラーベース 6個、ダイス 6個、マーカー 48個、トークン類 68個、ミニカード 133枚(物品カード+屍者カード+早見表カード)[※ 生存者カード 75×88mm, ミニカード 41×63mm]
zombiecideghJ2.jpg

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です