プフェファークーヘル2017に『テラフォーミング・マーズ』

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年度の新作ゲームの人気を占う「プフェファークーヘル(Pfefferkuchel)」の結果が22日、ドイツのボードゲーム情報サイト「ブレットシュピールボックス」にて報告された。
「プフェファークーヘル」は、復活祭の休日を利用して約400名の参加者がホテルに集まり、1週間ボードゲームを遊ぶイベント。参加者は気に入ったゲームを3つまで挙げ、これに上から3,2,1点として集計している。このランキングで上位だったゲームが秋に発表されるドイツゲーム賞に入りやすく、予備投票に近いものとして注目される。
今年の一番人気は『テラフォーミング・マーズ』。多種多様なカードの効果を駆使して火星を開発するゲームで、スウェーデンのデザイナー・J.フリクセリウスが自費出版で発売したものを、レベル(ポーランド)やストロングホールド(アメリカ)など外国メーカーが取り扱い、アークライト社が日本語版を制作することが決まっている。2位はA.プフィスターがデザインした『グレート・ウェスタン・トレイル』、3位はS.ドラの『ヴァレッタ』。
10位以下は次の通り。今年もこの中の多くがドイツゲーム賞に入賞すると考えられ、また現在選考が行われているドイツ年間ゲーム大賞・ドイツ年間エキスパートゲーム大賞へのノミネートも期待される。
【プフェファークーヘル2017】
1位:テラフォーミング・マーズ(Terraforming Mars/フィリクスゲームズ+シュヴェアクラフト)152点
2位:グレート・ウェスタン・トレイル(Great Western Trail/ペガサス)117点
3位:ヴァレッタ(Valetta/ハンス・イム・グリュック)109点
4位:オーディンの祝祭(Ein Fest für Odin/フォイヤーラント)71点
5位:レイルロード・レボリューション(Railroad Revolution/ホワッツユアゲームズ+ペガサス)64点
6位:センチュリー:スパイスの道(Century/プランB+アバクス)59点
7位:キャプテンソナー(Captain Sonar/マタゴー+ペガサス)58点
8位:ファーストクラス(First Class/ハンス・イム・グリュック)56点
9位:マジックメイズ(Magic Maze/スィットダウン+ペガサス)49点
10位:エルドラドへの競走(Wettlauf nach El Dorado/ラベンスバーガー)47点
Brettspielbox:Pfefferkuchel – Oberhof 2017

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です