BRIっとでるワン!(John Bull’s Brexit)

このエントリーをはてなブックマークに追加

痛恨のおもらし
BRIっとでるワン
犬のジョンブル(John Bull)ちゃんがEUから出ないように、移民受け入れの限度を予想してカードをめくるギャンブルゲーム。毎回ホットな話題を扱う北条投了氏の作品で、ホットすぎてレビューも遅れられない。
検討国プレイヤーがはじめにカードを2枚引く。カードには1~10の数字があり、2枚の掛け算が今回の移民受け入れ限度となる。つまり最低で1×1=1万人、最高で10×10=100万人である。ほかのプレイヤーには中身を知らせない。
次のプレイヤーから順に山札から1枚引き、その移民を自国に受け入れる(手札に入れるか)、検討国に押し付けるかを選ぶ。「10万人、受け入れてもらえるでしょうか」「大丈夫ですよ」手札は2枚までしかもてず、2枚取ったらもう否応なく押し付けるしかない。
検討国に押し付けられた移民は累積し、限度を超えたら「ブリグジット(Brexit、英国がEUを離脱すること)」が発生する。このとき、検討国プレイヤーは「ブリグジット」の最初の2文字を繰り返し唱えることになっている。「ブリブリブリ!」
バーストさせてしまったプレイヤーは、検討国プレイヤーの高い方のカードが失点となる。さらにそれまで自国に受け入れた移民の数が最も多ければ、2枚とも失点になってしまう。失点の合計が規定に達したらゲーム終了で、失点の少ないプレイヤーが勝つ。
「12万人!」「セーフ!」「18万人!」「通し!」検討国プレイヤーの顔色を伺いながら、受け入れるか押し付けるかを選ぶのは実にスリルがある。整数の掛け算なので、絶対安全な数字があるところがニクい(81の次は90、90の次は100しかないので、そこまで数字が上がると誰が貧乏くじを引くかの争いとなる)。6人プレイで30分ほど。数字が低くていきなり終わるのも驚くし、数字が高くてなかなか終わらないのもジリジリとした緊張感が合って盛り上がった。
どこでジョンブルちゃんがブリっと出るか、なかなか予測できないところがこのたびのEU離脱をうまく表している。めざせ英語版。
BRIっとでるワン!
北条投了/芸無工房(2016年)
2~8人用/30分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です