シュピール15:参加者162,000人で新記録

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月7日から4日間、ドイツ・エッセンにて行われたボードゲームメッセ「シュピール」は、昨年の16万人を超える16万2000人が参加し、参加者記録を更新した。
昨年から、展示ホール面積は9%増の63,000㎡、出展者は78増の910団体(41か国)、新作は150タイトル増の1000タイトルと、いずれも過去最高に達した。初日から多くの参加者が詰めかけ、20分早く開場しなければならないほど。また土曜日に行われたカタンのギネス記録挑戦には25か国から1,040人が参加するなど、記録づくめの年となった。
ドイツ・ボードゲーム出版社協会のH.フッター代表は次のように述べる。「シュピール15は大きな成功を収めました。全ての出版社の多方面のアクションにより参加者は楽しみ、各ブースの行列は各出版社の面白い新作への大きな期待を示しています。出店社から購入・注文しようと熱気に包まれました。ボードゲームを好きになり、欲しがる人はどんどん増えています。これから数週間は、メッセで展示されたボードゲームがきっと愛好者やショップで大きな話題となり、もっとたくさんの人がボードゲームで素晴らしいひと時を過ごすことになるでしょう。当日参加した何百人ものデザイナーにより、メッセの期間中に展示された試作品は、このジャンルがいかに創造的かを示し、2016年がまた素晴らしい年になることを約束してくれるでしょう。」
次回のシュピール’16は2016年10月13日(木)から16日(日)まで。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です