シュピール15:ルックアウトシュピーレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グランド・オーストリア・ホテル(Grand Austria Hotel)
V.ギグリ(『コミュニ』)&S.ルキアーニ(『マルコポーロの足あと』)作、2~4人用、12歳以上、90分。
ウィーンは20世紀初頭、ヨーロッパの大中心地でした。芸術家、政治家、貴族、市民、旅行者が街の通りを埋め尽くし、皇帝が王座についていました。
プレイヤーはこのウィーン近代のホテル経営者になり、小さなホテルを広げ、部屋を増築していきます。しかし客はグルメばかり。それぞれの客に応じた料理と飲物を提供しなければなりません。従業員を増やすことも有利になります。
しかし皇帝に忠誠を誓うのを忘れると、寵を失うことになるでしょう。
1人だけが小さいコーヒーハウスからグランドオーストリアホテルを作ることができるのです!
スタートプレイヤーはサイコロを振り、出た目に応じてアクションボードに振り分けます。手番には6つのアクションから1つを選んで実行します。その際、アクションスペースに置かれたダイスが多いほど、得られるものも増えます。それから実行したアクションスペースからダイスを1個取り除き、場合によっては追加アクションを行うことができます。アクションには、必要な料理と飲物を入手したり、新しい部屋を用意したり、従業員を雇ったり、皇帝に捧げ物をしたりできます。しかし顧客がいないとホテルは発展できません。顧客を確保し、その注文に応じることができた人だけが、重要なボーナスアクションを実行できます。
また従業員カードも大きなメリットが有ります。ただし7ラウンドしかないので、全てを行うことはできません。ですから適切な選択をして、先をうまく読めたプレイヤーが勝利するでしょう。
カードは116枚入っていますが、毎回その一部しか使わないので、ゲームの展開は大きく変わり、それぞれ別々な戦略が必要となるでしょう。

ヘンギスト(Hengist)
U.ローゼンベルク作、2人用、7歳以上、20分。
ローマの軍団がブリタニアを去ってから30年が経ちました。ピクト人とスコット人が力をつけ、島に押し寄せます。この苦難に、ブリタニアを守るべく、ボルティゲルンがサクソン人の兄弟であるヘンギストとホルサを呼び寄せました。プレイヤーはヘンギストとホルサとなってやってきますが、ボルティゲルンはケチで給料を支払ってくれません。
そのため2人はお金を自分で稼がなければならなくなりました。手元にあるのは地図、強い戦士、そして船。海岸沿いにはたくさんの街や村、修道院や農場があり、略奪を待っています。名声と宝を手に入れるのはどちらでしょうか?
プレイヤーは入江に置かれた宝タイルを奪い合います。略奪団を使って先に宝にたどり着いたほうが、宝を手に入れます。しかし道の一部は隠されており、まず道を発見しなければなりません。急がば回れということもあります。ゲームカードと発見カードを計画的に配置し、運を引き寄せたものが、価値の高い宝を集めることができるでしょう。

シュート&ゴール(Schuss und Tor)
R.ホフマン作、2~4人用、8歳以上、10分。
1985年に発売され、2001年にルックアウト社がリメイクした作品の再リメイクです。2つのチームに分かれ、カードを出し合ってゴールを狙います。
スカイ・アイランド(Isle of Skye)
A.ペリカン&A.プフィシュター(『ブルームサービス』)作、2~5人用、8歳以上、60分。
スコットランドのスカイ島は世界で最も美しい景色のひとつに数えられています。柔らかい砂浜、穏やかな丘の風景、印象的な山々が息を呑み、誰しも魅了されます。
この配置ゲームで、プレイヤーは5つの部族のリーダーとなり、小さな王国で必要な勝利点を手に入れることを目指します。しかし16枚の得点カードのうち、毎ゲーム4枚しか使いません。そのためゲームごとに展開が変わり、さまざまな戦略が求められます。
毎ラウンド、各プレイヤーは地形タイルを2枚自分の前に出し、それぞれの売値を決め、全員同時に買うかどうかを決めます。高値で売れればいいのですが、誰も買ってくれないとそのお金を支払って自分の王国に置かなければなりません。これが毎回、面白い決断を迫ります。
ゲーム終了時に勝つのは勝利点が最高だったプレイヤーです。お金が最もあるプレイヤーとは限りません。
この作品は夏に発売されており、国内流通も始まっています。

路面電車(Trambahn)
H.オーライ(『ロシアンレールロード』)作、2人用、8歳以上、30分。
技術的な進歩は、昔ながらの路面電車も変えました。以前は馬が引いていたのに、蒸気、そして電気に置き換わっていきます。プレイヤーはライバル会社の経営者となり、ミュンヘンで生き残りをかけて争います。
手札をプレイして、路線網に新しい停留所を作ったり、乗客を乗せて対応する路線を動かしたり、お金を出して新しい路線に電車を導入したりします。
ただし停留所を作るときは、カードを昇順に出さなければなりません。しかしできるだけ数字の低いカードから出すと、勝利点が高くありません。数字の高いカードは儲かりますが、路線は短くなってしまうでしょう。路線には路面電車も出さなければならず、また路面電車の値段はどんどん上がっていくので、お金もたくさん支払わなければなりません。
10回の得点計算の後に、勝利点の多いほうが勝者となります。イラストはミュンヘンの歴史的な絵葉書を用い、ドイツにおける路面電車の発展が分かるようにもなっています。この作品も夏に発売されています。

Author: admin

1 thought on “シュピール15:ルックアウトシュピーレ

  1. Isle of Skyeの舞台はスコットランドのスカイ島じゃないでしょうか。
    「宝島」「ジキル博士とハイド氏」「ボトルインプ」の著者スティーブンソンがこよなく愛したウイスキー:タリスカーの蒸溜所で有名です。
    このゲームの存在を今知って興味が湧いてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です