ハンズ(Hands)

このエントリーをはてなブックマークに追加

必死になっているのを嗤う
ハンズ
カードに書かれた手のサインを作って、ペアを探すリアルタイムアクションゲーム。ホワイトゴブリンゲームズ(オランダ)の缶入り作品である。時折出てくる「ダブルハンド」が不思議な間を生み出し、大笑いして遊んだ。
手札には、片手でできるサインがイラストになっている。グーだったり、チョキだったり、サムズアップだったり、OKだったり。一斉にスタートしたら、カードを見て、自分の手でそのサインを作り、ほかの人に見せる。それを見たほかの人が、同じサインのカードを出してきたらペア成立で得点。それぞれカードを自分の前に出して補充する。
しばらくしてみて誰も反応しないとなると、誰も持っていないカードかもしれない。ほかのカードのサインに変えたり、カードを山札の下に入れて引き直したりするのは全くの自由。でもその間にほかのプレイヤーはどんどんペアを成立させていくだろう。乗り遅れるな!
さて、カードの中に黄色のダブルハンドがあり、これは両手でサインを作らなければならない。そして誰かがこのサインを作ったら、全員が同じサインを作らなければならないのだ。一番遅かった人がダブルハンドカードを受け取り、最後に失点になる。
カードを見たり、となりの人にサインを送るのに必死で、ダブルハンドが出ているのに気づかない人もいる。ダブルハンドが来たら、さりげなくそのサインをして、みんなが気付くまで観察しているのがたまらなく楽しい。誰かがダブルハンドを出さないか、たえず全員を見回しておかなければならないので、ますます忙しくなる。
カードが補充できなくなったらゲーム終了で、得失点を計算し、最も多い人の勝ち。
6人で10分ほど。ひんぱんにダブルハンドが出てくるので、そのたびに皆で大笑い。みんなが揃って変なダブルハンドのポーズをするのもおかしかった。
Hands
C.ヴァンデン・バルク/ホワイトゴブリンゲームズ(2015年)
3-8人用/8歳以上/20分
国内未発売

Author: admin

4 thoughts on “ハンズ(Hands)

  1. 現在は取り扱いがあります。ディアシュピール、キウイゲームズ、百町森にあるみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です