ティンダハン(Tindahan)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陣取りは冷静に
ティンダハン
フィリピンのフルーツ屋台で店主となって、フルーツと屋台を取り合うカードゲーム。2009年にバンブス・シュピーレ(ドイツ)で発売された『フィリピン・フルーツ・マーケット(Filipino Fruit Market)』が、ママダユースケ氏のイラストでリメイクされた。パイナップルやバナナなど、南国のフルーツでシビアな戦いが繰り広げられる。
順番にカードを出して、一番強いカードを出した人が取るトリックテイクが基本。切り札の色は、最初のプレイヤーが変えられる。1回勝つと、2万ペソがもらえる。
さて自分の番が回ってきたら、カードを出さないでそのフルーツの屋台にコマを置くことができる。勝つ見込みがないと思ったらそうするのがよいだろう。ゲームが終わったとき、屋台ごとにコマの一番多い人は5万ペソ、二番目に多い人は2万ペソがもらえる。
ところが、コマを置くために出さなかったカードは、マイナスになってしまうところがポイント。誰かの手札がなくなったときにゲームが終了し、残った手札1枚につき-1万ペソとなる。屋台に置いて大金をもらいたいが、ほかの人と競合すると、カードを出したほうがよかったということになりかねない。
写真の一番左の屋台はその典型である。白熱してコマを置きあった結果、たくさんの手札が手元に残ってしまった。カードを出したほうが得だったと思っても、後の祭りである。でも、ゲーム中は意地の張り合いで、「お前が置くならオレも置く」とヒートアップして、チキンレースになるのだ。
5人プレイで30分。激戦区をかわして、みんなが屋台を取りに行けばカードを、カードを取りに行けば屋台を取ったcarlさんが1位。しかしこのゲームには、1回もカードを取らず、コマも置かなかった人はトップと同じ収入が入るというルールがあって、神尾さんが3連続でベタ降りし同点1位。マストフォローなので、運が悪ければカードを取らなければいけない場面があるが、5人だとベタ降りしやすいようだ。
トリックテイキングと陣取りという、ドイツゲームの粋を一度に、しかも同時進行で楽しめる美味しいゲーム。でも甘くはない。
Tindahan
P.ジルフェスター/ニューゲームズオーダー(2013年)
3~5人用/9歳以上/30分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です