中国国際ボードゲーム文化産業展覧会

4月28日から3日間にわたって、上海国際展覧センターにて「中国国際ボードゲーム文化産業展覧会(中国国际桌游文化产业展览会)」が開かれた。世界から15カ国のボードゲーム関連のメーカー、パブリッシャー、デザイナーが参加し、日本からもピグフォンとねこまどが出展し、『未確認生物テレビ』や『将棋』を紹介した。
中国初となる商業展覧会。ボードゲームファン、ボードゲームカフェ経営者、輸入代理店、学生、中国に居住する外国人などが主なターゲットで、国外のボードゲームを数多く紹介することで、産業を振興するのが狙い。ズィーマンゲームズやクイーンゲームズなどの欧米ボードゲーム出版社などが、今春のゲームマーケットの3倍以上の広さとなる6000平方メートルの会場に出展した。入場料は20人民元(254円)。
会期内には、各ブースの出展のほか、ボードゲーム大会、シンポジウム、ボードゲーム賞の投票などが行われた模様だ。
中国国際卓遊文化(IEBC)
ピグフォン:上海初のボードゲームの展示会もうすぐ開催
ピグフォン:上海ボードゲーム展示会リポート1

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です