Posted in 国内ニュース

タカラトミー、『人生ジェンガ』発売

タカラトミーは本日、新感覚バランスゲーム『人生ジェンガ』を発売した。6歳以上、2人〜、3,129円。同社の人気タイトル『人生ゲーム』と『ジェンガ』が世界で初めてコラボする。 『ジェンガ』と同様、木製の棒を組んで塔を作る。自分の番には付属のミニルーレットを回し、「1本」「2本」「角」「中」「1回休み」…

続きを読む タカラトミー、『人生ジェンガ』発売
Posted in ま行

間違い探し(What’s Missing?)

脳みそがハングアップ 場に出たカードと手札のカードで違う箇所をいち早く見つけるゲーム。間違い探し自体、集中力を要するものだが、それにスピード勝負が加わり、脳みそフル回転でヒートアップする。 どのカード同士でも、違う箇所が必ず2つある。というのも、各カードにユニークな部分が1つずつあるためである。難易…

続きを読む 間違い探し(What’s Missing?)
Posted in は行

パワーキティ(Power Kitty)

スプレー最強 『パンデミック』『禁断の島』の作者が子供と作ったカードゲーム。ゲームクラフターという自家出版用のメーカーで販売されている。 内容はほとんど『ウノ』。色かマークが合うカードを順番に出す。スキップやドロー4に加えて、スプレーカード以外出せなくなる虫カード、手札から同じ種類のマークを全部捨て…

続きを読む パワーキティ(Power Kitty)
Posted in は行

フェイス・トゥ・フェイス(Face to Face)

誰かに見られてる 目と鼻と口のパーツを並べて手札をなくすことをめざす配置ゲーム。手番には裏になっているタイルを1枚引いて、手持ちから1枚を場に配置する。ルールは簡単で、目と口は接してはいけないことと、接するタイルは同じ色でなければならないこと。誰かが手札をなくしたとき、残りの人がもっているタイルが得…

続きを読む フェイス・トゥ・フェイス(Face to Face)
Posted in さ行

ザヴァンドールの鉱山(Die Minen von Zavandor)

宝石でレベルアップ 『ハンザ・テウトニカ』を遊んでいて思ったことだが、ドラクエ世代にとってレベルアップはとても楽しいものだ。この作品では、毎回異なるアイテムや種族を手に入れ、レベルアップしていく。これが楽しくないはずはなかった。 『アグリコラ』と『ルアーブル』がブレークしたルックアウトゲームズは、創…

続きを読む ザヴァンドールの鉱山(Die Minen von Zavandor)
Posted in 国内ニュース

リトルバスターズ!エクスタシー

アークライトは18禁恋愛アドベンチャーゲーム『リトルバスターズ!エクスタシー』のキャラクターによるデッキ型カードゲームを発売を発表した。11月20日発売予定、3〜4人用、30〜60分、12歳以上、4,200円。 理樹、クド、沙耶、真人など『リトルバスターズ!』のキャラクターたちが全員揃ってドタバタラ…

続きを読む リトルバスターズ!エクスタシー
Posted in エッセイ

ファミリーゲームのリスク

先日、都内でバブル大佐&マダム・ザザ(www.boppai.com)とお会いした。声だけはおなじみの2人と直接会うことになって楽しみにしていたが、期待に違わぬおしゃべりだった(いつも飲みながらトークしている2人につられて、久しぶりにビールを飲んだ)。 そのとき、テレビゲームでは、実はファミリー向けの…

続きを読む ファミリーゲームのリスク
Posted in あ行

ヴァンパム(Wampum)

寡占状態を作る 珍しい品物をインディアンの村に届けて、ウォンパムというインディアンの首飾りを集めるカードゲーム。 順番に手札からカードを何枚か出して、好きな村に置く。村にはすでに何枚かのカードが置かれてあり、1枚でも同じカードがあれば交換、1枚もなければウォンパムがもらえる。わらしべ長者のように、交…

続きを読む ヴァンパム(Wampum)
Posted in さ行

スティッチ(Sticht oder nicht)

取ったらダメだけど、取らなければダメ 毎ラウンドルールの変わるトリックテイキングというのは『ニエット』や『ピサ』や『UFOs』などいろいろあるが、どれも面白い。このゲームでルールを決めるのはプレイヤー1人1人。だが、各自が手札の都合で好きなように決めた結果、選んだ本人も含めて皆が苦しむことになる。 …

続きを読む スティッチ(Sticht oder nicht)
Posted in 国内ニュース

『迷宮砦の攻防』発売

冒険企画局は今月、2人用対戦ボードゲーム『迷宮砦の攻防』をリリースした。5〜15分、2800円。同社の人気TRPGをもとにした作品で、前作の『迷宮牧場の決闘』と異なり、じっくり思考を楽しむゲームとなっている。 プレイヤーはダンジョンに巣くう「小鬼」陣営と、ダンジョンを探索する「ランドメイカー」陣営に…

続きを読む 『迷宮砦の攻防』発売