マジックアイ(Das magische Auge I)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目の体操
カードを目に近づけて、焦点を変えないように少しずつ離していくと立体の図像が見えてくる絵で遊ぶカードゲーム。立体の絵は恐竜や家畜などのシリーズがあり、1シリーズ4枚を探すのが目的である。何枚かずつカードを配り、一斉に絵を見る。いらないと思ったカードを1枚、左どなりに渡す。これを繰り返してシリーズを完成させた人の勝ち。正解は、ルールブックに書いてある。
制限時間はないが、一度見たものを覚えておくことも必要だ。立体画像が何かを見えてくるまで時間がかかるが、何枚も見てくるとだんだんスピードが上がってくる。でも10枚くらい見たら目が疲れ果てたので中止。
みんなでカードを目に近づけている様子がおかしい。目がよくなるって、本当なのだろうか? Psy+さんはこれまで見えたことがなかったが、初めて見えてよかったとのこと。
Das magische Auge I
作者不明/アミーゴ
2〜5人程度

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です