大学でボードゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルゲームを学ぶ大学は数あれど、ボードゲームやカードゲームなどのアナログゲームを取り上げている大学は極めて少ない。しかし、デジタルゲームにはない対人コミュニケーションやライブ感で、教材として優れた価値があると思う。
1番目は授業内容の理解を深める教材。多摩大学のコンビニゲーム大会では、コンビニエンスストアの経営をシミュレートしたゲームを競うことで経営に対する理解を深めている。ジレンマゲームからゲーム理論を学んだり、推理ゲームから論理学(帰納推論)を学んだりする方向性も考えられる。
2番目は子ども向けの教材開発の一例。文教大学の歴史カードゲームは社会科の教材であるが、将来教員になるであろう学生が積極的に教材開発に関わっており、学校現場でもボードゲームの利用が広がっていくことを期待させる。社会科だけでなく、国語や英語でワードゲームを、算数で推理ゲーム(実際『アルゴ』がそうである)を使うなどという方法もあるだろう。
3番目は学生のスキルを高めるための教材。東京情報大学では、ボードゲームをプレゼンするという授業を行っているのは、コンピュータの分野ではプレゼン能力が非常に重要になるからであろう。この方向性では営業スキルを身につける授業で交渉ゲームを用いる方法なども考えられる(えげつない交渉ばかり覚えられても困るだろうが)。
実際にゲームをやってもらうためにはゼミ規模の少人数クラスであることが前提となり、マス授業では扱いにくい代物だが、もっと大学で盛んに取り上げてほしいものである。(ほかにも大学でこんな使い方をしているよという情報がありましたらお寄せ下さい。)
コンビニゲーム大会(多摩大学)
経営情報学部経営情報学科講師で経営コンサルタントの中川理氏がゼミでビジネスゲームを制作、学内生を対象に大会を開催。
「コンビニエンスストアの経営をシミュレートしたビジネスゲームを通じて、「経営能力、コミュニケーション能力、意思決定能力」を競います。」
2007年1月16日の朝日新聞夕刊「就職力」にて紹介された。
歴史カードゲーム制作(文教大学)
教育学部教育専攻科教授の中村修也氏が社会科の教材として考案。『遊戯王』カードゲームをモデルにし、勤皇側と幕府側に分かれて幕末を戦うというテーマ。学生がイラストを手がけ、コナミに許可を得て1000部製作、越谷市内の小中学校に配布した。暗記中心敬遠されがちな社会科が楽しくなると反響が大きく現在再版を検討中。幕末以外のテーマも含めて、商品化される可能性も。
asahi.com、FM Nack5などで取り上げられた。
ボードゲームのプレゼンテーション(東京情報大学)
環境情報学科講師の大城正典氏が1年生対象のゼミでボードゲームを実際に遊んで、プレゼンテーションするという授業を行っている。主な目的はコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力の向上で、戦略を分かりやすく発表することがポイント。
このほかに、授業におそらく関係なく月1回くらいのペースでボードゲームの会を開催しているという。

Author: admin

6 thoughts on “大学でボードゲーム

  1. はじめまして
    文教大学の「歴史カードゲーム」はどうだろう、って思いました。
    明治維新っぽさのないゲームでは歴史は学べないのでは?
    「遊戯王」のシステムを使うことに文句はいいませんが、「歴史教育」という題目を掲げるにはお粗末なでき、と感じました。
    ゲーム(遊び)としても社会教育(お勉強)としても、どっちも中途半端。
    東京情報大学は羨ましい。
    入学したいくらい。

  2. 「特殊効果カードのうち、「錦の御旗」カードは相手の手札をすべて破壊、また尊皇攘夷(そんのうじょうい)派を新選組が襲った「池田屋事件」カードは脱藩浪士の札をすべて破壊」とありますから、ゲームバランスはおいといても明治維新っぽさは出ているのかなと思いました。
    これで人名など基礎的な知識を覚えて、興味が出たらその先へ、ということなのでしょう。
    ボードゲームは30代の人が引っ張っている印象がありますが、東京情報大学の先生もそうですね。学生の反応はどんなものか知りたいものです。

  3. 佐幕派の主戦力が新撰組というのは、明治維新を語る上でどうでしょう。
    「戦闘」に特化した場合でも、ちょっと疑問。
    京都の政治に特化するなら、余計なカードが沢山。
    新撰組を憶えて明治維新を知ったつもりになるほうが心配です。(かくいう私は『燃えよ剣』の影響で新撰組ファン。えへへ。かえって新撰組のデータが不満だったりもします。)

  4. ファンでしたかー。それならいろいろつっこみどころがあるのも分かります。
    歴史をシミュレートしすぎてもゲームとしてつまらなくなるし、しなさすぎれば誤解を与えかねないし……史実をゲーム化するときの難しさですね。ドイツは歴史をテーマにしたゲームがたくさんあるわけですが、そのあたりのチェックやバランス取りはどうしているんでしょうかねぇ。

  5. はじめまして。検索で偶然、紹介して頂いているのを見つけました。多摩大学で講師をしております。
    コンビニゲームのことをとりあげていただきありがとうございます!
    来年度に向け、サイトはまだ構築中ですが、引き続き、ビジネスゲームを取り上げていきたいと思っています。
    ご紹介ありがとうございました。

  6. 書き込みありがとうございます。
    どういうゲームなのか興味津々でしたが、ウェブでは調べられませんでした。またビジネスゲームを取り上げられるとのこと、概略でもどんな感じのゲームか、どういうところがゲームの肝となるのかなど、教えていただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です