Posted in  た行

ダンジョンドロップ(Dungeon Drop)

散らかったダンジョンにお宝 机の上にキューブを撒き散らしてダンジョンを作り、そこからお宝を集めるアメリカのゲーム。アメリカアマゾンのついで買いだったが、ランダムに散らばっているキューブからパターンを見つけ出すのは考えるところもあり、そこにちょっとしたアクション要素や特殊能力が加えられていてとてもよい…

Posted in  た行 国産

タングルウィード(Tangle Weed)

明日は明日の風が吹く 枯れてちぎれた珠が、風で転がって種を増やす植物群「タンブルウィード」。西部劇によく出てくるこれを育成して販売するボードゲームである。ゲームマーケット2020秋にEJPゲームズから発表された。手芸毛玉を使ってリアリティを高めている。 毎ラウンド、タイルと種がマーケットに並べられ、…

Posted in  た行 国産

タビネズミ開拓記(Lemmings’ Frontier)

それ以上進むのは危険? ネズミたちが装備を整え、未開の大陸の奥地で最終目標の達成を目指す協力ゲーム。クリッティニアからゲームマーケット2020秋に発表された。一枚一枚描きこまれたカードイラストが冒険のスリルを引き立てる。 ゲームは「調査フェイズ」で探険を進め、装備が切れてきたら「拠点フェイズ」で立て…

Posted in  た行 国産

ダイダラ(Daidara)

迫りくる巨大生物「ダイダラ」を力を合わせて倒す協力ゲーム。タイトルはおそらく、日本各地で伝承される巨人「ダイダラボッチ」から取ったものと思われる。 手番には土地タイルを引いて、場に配置する。土地タイルは自分のコマがあるところに隣接して置き、同じ色でレベルが1つ上ならば重ねて置ける。ダイダラを倒すには…

Posted in  国産

たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ(Instant Proposal)

ごめん、これしか思いつかなかった 「君は猫、僕を犬、我慢できないんだ大切にするよ」 配られたカードを組み合わせて、即席でプロポーズのメッセージを作るコミュニケーションゲーム。ゲームマーケット2018春に札幌のボードゲームサークルが発表したもので、非常に話題となり、初版は瞬殺。第2版も完売となり、現在…

Posted in  国産

タンスにゴーン!!(Ghosn to Chests)

亭主元気で留守がいい 工場の売上をタンス預金してお金を儲けるダイスゲーム。手番にはダイスを2個振って、大きい方の目が売上、小さい方の目が正当な報酬となる。正当な報酬は自分の銀行預金に加えることができるが、売上の全額をタンス預金にすることもできる。 出目によってはタンス預金のほうがずっと儲かるわけだが…

Posted in

T.I.M.E ストーリーズ(T.I.M.E Stories)

記憶が曖昧になるのでまた遊べる タイムワープで時空を移動し、行き先で事件を解決する協力型謎解きゲーム。ナラティブの手法を用いた一回限りのゲームで話題となり、ドイツ年間エキスパートゲーム大賞、フランス年間ゲーム大賞エキスパート部門、国際ゲーマーズ賞、ゴールデンギーク賞などにノミネートされている。 基本…

Posted in  国産

檀家-Danka-(Parishioner)

修行してないとダメ お寺の住職になって、檀家さんを増やすダイスゲーム。東京・下町の臨済宗寺院が制作したゲームで、『御朱印あつめ』に続く仏教ゲーム第2弾である。芝の増上寺で行われている寺社フェス「向源」と、5月5日のゲームマーケット2016春で発表される。 このゲームのために作られた特殊ダイス。修行、…

Posted in  国産

暗黒議会(Dark Assembly)

もうお納めできません! 魔界で支持者から集めた貢物を売ってお金を儲けるゲーム。売るのとは別に毎ラウンド、要人に貢物を納めなければならない。その要求はどんどん高まっていき・・・。ゲームマーケット2015秋で操られ人形館から発表された重量級ゲーム。ワーカープレイスメントとセットコレクションを複雑に絡み合…

Posted in  国産

たのめナイン(Tanome Nine)

めざせ9枚目 手札からカードを出して会計を押し付けあうカードゲーム。ゲームマーケット2015秋で初出展のするめデイズが発表した3タイトルのうちの1つだ。1ゲーム終わるとついもう1ゲームやりたくなる、中毒性の高いゲームである。 自分の番には手札から料理カードを出して、山札から1枚補充する。「餃子、30…