ダイスでトリックテイキング『ミノダイス』多言語版、9月26日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

minodiceMホヌゲームズは9月26日、『ミノダイス(Mino Dice)』の日本語版を含む多言語版を発売する。ゲームデザイン:M.ラインドル、イラスト:W.ジル、3~6人用、8歳以上、30分、3300円(税込)。ボードゲーム大祭、アナログゲームフェスタ、Tokyo Spiel Festival 2023、北上尾フリーマーケットにて先行販売される。

ダイスを使ったビッド系トリックテイキングゲームで、『スカルキング:ダイスゲーム』(シュミット、2016年)をリメイクして2022年、プレイテ(韓国)から発売された。ホヌゲームズによる多言語版は『ポテトマン』に続いて2タイトル目。

1ラウンドはダイス1個、2ラウンドはダイス2個、3ラウンドは3個……というように袋からダイスを引いて、今回のラウンドで何回勝てるかをビッドする。ダイスは通常4色+特殊ダイス3種類(ミノタウロス、グリフィン、マーメイド)で、通常ダイスはマストフォロー。ダイスは出すときに振るので、不確実性が高い。

通常ダイスは数字勝負、特殊ダイスは三つ巴となっている。ビッド通りに勝てれば得点、はずれれば失点。特殊ダイスにはボーナスもある。規定ラウンドの総得点で勝敗を決める。

内容物:ダイス 36個、ダイススクリーン 6枚、布袋 1枚、スコア記録用紙、ルールブック(日、英、韓)各1部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。