ゲームマーケット2022春:新作ゲーム(4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月23日・24日に東京ビッグサイトで開催されたゲームマーケット2022春で発表された新作ボードゲームは数百タイトルにのぼると見られる。その中から当サイトの管理人が注目したいくつかの作品をピックアップ。→その1(ストラテジーゲーム)その2(トリックテイキングゲーム、ダイスゲーム)その3(2人用ゲーム、ワードゲーム)

プラネピタ(SzpiLAB)
同心円になっている3つのエリアに自分のコマをおはじきして、エリアごとにマジョリティを競う。コマに磁石が内蔵されており、ひっくり返すと盤面にくっついて飛ばされにくくなるところが新しさ。中央のエリアほど得点が高いが、競争率も高い。
ゲームデザイン:藤縄英佑・堀和紀/アートワーク:遠山美月
2~4人用/6歳以上/20~30分

ゲストがくる前に(Saashi & Saashi)
場から縦か横に1列カードを取り、人物カードと対応する持ち物カードをセットで得点化。同じ種類なら何枚でも一気に得点化できるできるが、溜め込みすぎて山札からゲーム終了カードが出ると失点になってしまう。
ゲームデザイン:Saashi/イラスト:宝井貴子
2~4人用/7歳以上/15分

ダンジョンインメモリー(おかぼど制作部)
最初のカードから道がつながるようにカードを出していくが、カードは並べずに上に重ねていって、ルートは頭の中で描いていく。行き止まりになると思ったら宣言して、実際にカードを並べて当たっているかを確認する。記憶よりも空間把握能力が問われる。
ゲームデザイン:locogame/アートワーク:TOPECONHEROES ダーヤマ
1~5人用/10歳以上/10~30分

アンニャーシ!(ようがくじ不二の会)
各自に渡された1~6の数字を、アクションや演技やコメントをヒントにして順番に当てる協力ゲーム。ヒントはゲームごとに変わり、全員同時に数字の数だけ手を叩いたり、全員同時に「なむあみだぶつ」と言ったり、その数字の月や時間にしたことを話したりする。
ゲームデザイン:向井真人/イラスト:古川リョーヤ
1~6人用/6歳以上/15分

ジャッジドミノ(itten)
よっけ亭がゲームマーケット2021秋に発表した『チキンドミノ』のリメイク。ドミノタイルを並べるか移動するかしていき、最後まで倒れないと思ったらチャレンジ。実際にタイルを倒してみて確認する。今夏発売予定。
ゲームデザイン:つきいようすけ

マジカリグラフィ豪華版(こぐま工房)
みんながもっている糸に繋がれた羽ペンで文字を書き、1人だけ違う文字を書こうとしている人を見つけるゲーム。ゲームマーケット2021春に発売されたものを、ノスモスによる豪華版で販売。12000円で抽選10セットのみ。
ゲームデザイン:たきざわまさかず/アートワーク:ノスモス
2~4人用/6歳以上/15~30分

めぐるめぐみ(Carrying Water Project)
カードプレイで水をうまく循環させる協力ゲーム。汚水が溢れたり、水が足りなくなったりしないように相談して、汚水を処理して自然に返し、再び利用できるようにする。
ゲームデザイン:Carrying Water Project+66
2~4人用/8歳以上/30分

王宮の飾り絵師(サイコロ塾)
塗りたい色と塗りたい箇所数をビッドして、他の人とバッティングしなければ各自のシートに絵に色を塗れる。塗った箇所やゲームごとに変わる「王族の要求カード」の条件達成で得点を競う。
ゲームデザイン:ザイツコウスケ/イラスト:みすゞ
3~6人用/8歳以上/15~20分

ゲームマーケットは前回から開場時間が1時間遅くなり、早期入場でも6時間、通常入場だと5時間しかなくなった。一方、出展ブースは608あり、全部見て回るなら1ブースあたり30~40秒しかかけられない計算である。今回も管理人は全ブースを見て回ったが、見落としも多くあった。当サイトでは現在、新作評価アンケートを行っており、この結果などを元にして見落としてしまった作品をフォローしていきたい。

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。