ボーネディクト(Bohnedikt)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神の奇跡で豆が
ルックアウトゲームズが毎年エッセンで発表している『ボーナンザ』の拡張シリーズも、これで10作目を数える。タイトルはローマ教皇でドイツ出身のベネディクト16世のパロディ。
「教皇豆」と「神の畑」が今回の主軸。通常ルールでは1つの畑には1種類の豆しか植えられなかったのが、途中で種類を変えることができるようになり、高収入をめざす。収穫のときは、一番最後に植えたカードの価格表で収入を得る。20豆をたくさん植えた後に6豆に変えれば、あっという間に最高値で売れる。
「教皇豆」はジョーカーだが、「ビシュホフ」(ビショップとホフをもじったもの)と呼ばれる左側の畑にしか植えられない。それ自体では価値がないが、どの豆の上にでも植えられる上に、その上には別の種類の豆を植えてよいので、価値を上げるのにもってこいだ。
教皇豆にはそれぞれ交換の制限が書かれており、山札からめくられたときはその指示に従う。半分が「補充してから交換できる」などの有利なもの、もう半分が「1対1でしか交換できない」など不利なもので地味に効いている。
「神の畑」と呼ばれる右側の畑には、犠牲豆カードに指示されたカードを集めて植える。犠牲豆カードは手札に1枚入っており、2種類の豆が指示されている。この2種類を、手札や交換で手に入れると、すぐに神の畑に好きな順番で植えることができる。それまで植えていた豆と同じ種類である必要はないから、これも価値を上げるのに役立つ。
序盤から3番目の畑を買ったふうかさんとkarokuさん。でもお互い豆がかぶって活用できない。ストーンRさんと私はその間に教皇豆と積極的な交換で大儲け。だが、終盤に3番目の畑が急速に動き出したkarokuさんが大量収入で逆転1位。
そこそこ集まった18や20の豆が、途中から6や8の豆に切り替えられるのは神の奇跡を描いた物語のようで面白い。
Bohnedikt
U.ローゼンベルク/ルックアウトゲームズ(2009)
2〜5人用/10歳以上/45〜60分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です