ジェリージェリー酒場3店舗閉店、運営会社倒産により

ピチカートデザインは2日、関西で3店舗を展開していた「ジェリージェリー酒場」が、運営会社ダイナミクスの倒産により閉店したことを発表した。

「ジェリージェリー酒場」はボードゲームカフェ「JELLY JELLY CAFE」プロデュースによるボードゲーム居酒屋として12月上旬、京都三条河原町・神戸三宮・大阪梅田お初天神にオープンした(記事)。個室からオープン席まで用意され、ボードゲームを遊びながら飲食できる居酒屋として話題となっていた。

運営会社のダイナミクスは飲食店経営業者で、お好み焼き・鉄板焼き店の「いっきゅうさん」、焼鳥店「鳥二郎」など全国89店舗を展開していた。コロナ禍で経営不振となり、負債額100億円以上というコロナ禍最大の飲食店倒産となった。

「ジェリージェリー酒場」は3ヶ月での営業終了となり、愛好者からは閉店を惜しむ声が上がっている。なお、ピチカートデザインが全国に15店舗を展開するJELLY JELLY CAFEとJELLY JELLY STATIONは、この運営会社と無関係なので影響を受けず、これまで通り営業を続けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。