Posted in 日本語版リリース

ローゼンベルクの2人用『オラニエンブルガー運河』日本語版、2月上旬発売

テンデイズゲームズは2月上旬、『オラニエンブルガー運河(Oranienburger Kanal)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:U.ローゼンベルク、イラスト:H.リースケ、1~2人用、12歳以上、45~90分、9680円(税込)。 シュピールヴォルクス(ドイツ)と同時発売となるローゼンベルクの…

Posted in 日本語版リリース

森林再生のワーカープレイスメント『アティワ』日本語版、2月上旬発売

ホビージャパンは2月上旬、『アティワ(Atiwa)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:U.ローゼンベルク、イラスト:A.エルカートン、1~4人用、12歳以上、プレイ人数×30分、8800円(税込)。 ローゼンベルクが『ハラータウ』(2020年)以来2年ぶりにルックアウト社から発表した重量級ワーカー…

Posted in  あ行

アップルジャック(Applejack)

リンゴをたくさんつなげて大豊作 『ノヴァルナ』『サガニ』『フレームワーク』と出版社を変えながら続いているローゼンベルクのタイル配置パズルゲームは、これまで四角形だったが、この作品で六角形になった。同じ種類のリンゴをできるだけつながるように配置し、ハチミツを集めるゲーム。ザ・ゲームビルダーズというドイ…

Posted in 日本語版リリース

『アグリコラ:15周年記念BOX』日本語版、2月上旬発売

ホビージャパンは2月上旬、『アグリコラ:15周年記念BOX(Agricola 15)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:U.ローゼンベルク、イラスト:K.フランツ、1~4人用、12歳以上、プレイヤー人数×30分、17600円(税込)。 中世の農場経営ボードゲーム『アグリコラ』初版の発売から15周年…

Posted in 日本語版リリース

キッズ向けパッチワーク『ツメコミ引越センター』日本語版、2月上旬発売

ホビージャパンは2月上旬、『ツメコミ引越センター(Stapel & Stopf/Stack’n Stuff: A Patchwork Game)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:U.ローゼンベルク&M.ヴァーゲ、イラスト:A.エルカートン、2人用、6歳以上、20分、3960円…

Posted in 日本語版リリース

『カヴェルナ:狂乱の魔物たち』日本語版、2月上旬発売

ホビージャパンは2月上旬、『カヴェルナ:狂乱の魔物たち(Caverna: Fiese Feinde)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:U.ローゼンベルク、&J.マイルホファー&K.H.ケトル、イラスト:K.フランツ、1~7人用、12歳以上、プレイ人数×30分、5280円(税込)。プレイするために…

Posted in  あ行

アティワ(Atiwa)

汚染のない生活と森林再生 アフリカのガーナを舞台に、フルーツコウモリとフルーツで森林再生に取り組むワーカープレイスメントゲーム。ローゼンベルクの作品で、今秋にルックアウトシュピーレ(ドイツ)から発売された。ローゼンベルクの新作ゲーマーズゲームとしては『ハラータウ』(2020年)以来。広がっていく土地…

Posted in 日本語版リリース

『アグリコラ:ドゥルチナリアデッキ』日本語版、10月下旬発売

ホビージャパンは10月下旬、『アグリコラ:ドゥルチナリアデッキ(Agricola: Dulcinaria Deck)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・U. ローゼンベルク、アートワーク・K. フランツ&C.ティッシュ、1~6人用、12歳以上、30分×プレイ人数、2200円(税込)。プレイするため…

Posted in シュピール22

シュピール’22:アミーゴ

今年のエッセン・シュピールは10月6~9日、昨年に続き対面で開催される予定となっている。そこで発表される予定の新作を出版社別に紹介。邦題は直訳で、国内販売されるときに変更される可能性がある。 ★お邪魔者:暗闇の洞窟(Saboteur – The Dark Cave) ゲームデザイン・F….

Posted in 日本語版リリース

『アグリコラ:泥沼からの出発 リバイズドエディション』日本語版、8月上旬発売

ホビージャパンは8月上旬、『アグリコラ:泥沼からの出発 リバイズドエディション(Agricola: Die Moorbauern)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:U.ローゼンベルク、イラスト:K.フランツ、1~6人用、12歳以上、人数×30分、4950円(税込)。プレイするためには『アグリコラ…