住民を集めて覇権を握ろう『ダイスキング:ヘゲモニー』日本語版、3月17日発売

すごろくやは3月17日、『ダイスキング:ヘゲモニー(Würfelkönig: Das Brettspiel)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:N.ニルッソン、イラスト:G.バッツ、2~4人用、8歳以上、45分、5500円(税込)。

『ダイスキング』(2017年)のボードゲーム版としてハバ(ドイツ)が2021年に発売した作品。ダイスで住民を集め、その能力でヘックスマップで陣取りをする。

場にはオークやエルフ、妖精といったさまざまな住民カードが5枚並べられ、ダイスを6個振って指示された条件を満たした住民カードを雇うことができる。振り直しは2回まで。

住民カードの多くは要塞タイルを引いて、対応する地形に自分のマーカーを置いていくが、種族によってさまざまな能力が付いており、他のプレイヤーの土地を奪うこともできる。さらに住民カードでサイコロマークの色と出目が同じペアができると追加のダイスとなり、より強力な住民が雇えるだろう。

要塞タイルがなくなったらゲーム終了で、つながっている最大の土地が1マス3点、それ以外が1マス1点となる。これにドラゴンの炎や宝石のボーナスを加えて、合計点数を競う。

ダイスロールのスリルはそのままに、要所を巡る陣取りの駆け引きやドラマが加わって総合的に楽しめる作品となっている。

内容物:ゲームボード 2枚1組、要塞タイル 30枚、住民カード 60枚、早見表カード 4枚、白い宝石 18個、黄色い宝石 6個、要塞マーカー64個(4色、各色16個)、サイコロ 6個、ドラゴンの炎 15個、説明書(日/英)

すごろくや:ダイスキング・ヘゲモニー

WurfelkonigDasBrettspiel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。