テクテクポン(Take Take Pon!)

ダイスドラフトでお品をお届け

Taketakepon

たぬきたちがどんぐり・ベリー・お花を集めて森の動物たちに届けるダイスドラフト&ピックデリバリーゲーム。Studio Citrineが『スシタック』に続き、ゲームマーケット2023秋に発表した作品で、新作評価アンケートでは10位に入っている。こちらも硬派なメカニクスと、そこから生み出されるインタラクションとタクティクスが気持ちいい。

箱を2枚つなげたボードは地図になっており、最初のおしごとカード(行き先と、必要な資源が書いてある)をもらい、中央の大きな木からスタートする。ダイスドラフトで手番を行うが、ダイスには4色あり、それぞれもらえる資源や移動ルートが異なるのがポイント(『マルコポーロの旅路』方式)。手持ちのダイスから一斉に1個ずつ選び、スタートプレイヤーが振って、順番に1個ずつドラフトしていく。

資源はプレイヤーボードのカゴかその上に置き、11個までもてるが、ダイスで同じ数字が3つ出ると「嵐」がきてカゴの上の分はなくなってしまう。あまり溜め込まないうちに配達したいところ。ところが、ダイスの色によって移動ルートが異なるために、なかなか目的地に行けなかったり、行っても戻ってこれなかったりする。

ピンクの矢印では「なかよしトラック」のコマを進める。こちらはときどき資源がもらえる上に、ゲーム終了時に、完了したおしごとの色を増やすことができるので疎かにできない。緑のダイスは新しいおしごとをもらうために必要。先の先を読んで、自分が取りたい色のダイスが確保できるか、他のプレイヤーの動向も注視しておきたい(「葉っぱ」を使って色を変えることもできる)。

誰かが4匹の動物に配達を完了したらゲーム終了で、完了したおしごとと、なかよしトラックによるボーナス、使わなかった葉っぱや資源で合計得点を競う。

マップの周辺部はオレンジのダイスでのみ移動でき、しかも一方通行のため、行ったまま帰ってこれない事態が発生。オレンジのダイスを自分が持っていても、先手番の人に取られないような状況を待たなければならないため、それまで別のダイスでできることを用意しておく。このように次にやりたいことを見越して、先手先手を打って行動したいが、取れると思っていたダイスを取られてしまうことも。

4色のダイスドラフトが生み出すインタラクションで、最適な行動は常に変わっていく。立ち往生からトントン拍子に配達が進むこともあって気持ちいい。

Take Take PON! #テクテクポン
ゲームデザイン&アートワーク:あっこ
Studio Citrine(2023年)
2~4人用/10歳以上/42~84分(実際は約40分)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。