ニュルンベルク’24:アミーゴ

ボードゲームを含む玩具全般の見本市「ニュルンベルク・シュピールヴァーレンメッセ2024」が1月30日~2月3日にドイツ・ニュルンベルクで開催される。そこで発表が予定されている新作を出版社別に紹介。邦題は直訳したもので、国内販売されるときには変更される可能性がある。

ニムト30周年記念版(6 nimmt! 30 Jahre-Edition)
ゲームデザイン:W.クラマー、イラスト:F.フォーヴィンケル、1~10人用、8歳以上、45分。

一斉にカードを出し、順番にカードを並べて行って6枚目になった人が引き取るという定番カードゲームの特別エディション。ファンの考えたスペシャルカードによる4つのバリアントと、新たに全員で特殊カードをランダムにプレイするNPCプレイヤー「ビュッフェル」よりもマイナス点が多くならないようにプレイする協力ゲームが加わる。この協力ゲームは、1~2人でもプレイできる。

お邪魔者20周年記念版(Saboteur 20 Jahre-Edition)
ゲームデザイン:F.モイヤーセン、イラスト:A.ベークホフ、2~12人用、8歳以上、30分。

鉱山発掘をさりげなく妨害する正体隠匿ゲームの特別エディション。拡張版『お邪魔者2』、世界選手権で配布された限定スペシャルカードを収録したほか、新しい道や目的カード、ミニ拡張、バリアントルールが入り、新しい展開を楽しめる。

ラマ・カダブラ(LAMA Kadabra)
ゲームデザイン:R.クニツィア、イラスト:R.ゾマーカンプ&B.シュペルガー、2~6人用、8歳以上、20分。

同じ数字か1つ大きい数字を出して行って適当なところで抜けるルールはそのままに、「2」を出すともらえる魔法チップで手番をパスすることができ、「ラマ」を出すたびにチップを魔法ステージに出し、5枚たまると誰かが引き取るまで「ラマ」を出し続ける魔法のショーが始まる。

臆病なチキン(Feiges Huhn!)
ゲームデザイン:K.グルール&Q.ヴァイル、イラスト:M.アームブルスター、2~5人用、8歳以上、15分。

各自自分の前に伏せて配られた山札から、1枚ずつ場に出して表にするか、表になっているカードを引き取る。場に出した場合、前のカードと同じ色か、数字以下だった場合セーフ。色が違って数字が大きい場合は失敗で場のカードを全部引き取らなければならない。他のプレイヤーの手番に「チキン!」宣言すると、引き取った場合に自分のカードも渡せるが、場に出して成功すると自分が引き取らなければならない。予め伏せておいた3枚のカードと同じ数字のカードが失点になるので、引き取っても失点になるとは限らない。

スナック・ラビット(Snack Rabbits)
ゲームデザイン:T.ベンジャミン&B.J.ギルバート、イラスト:B.シュペー、2~4人用、7歳以上、20分。

ウサギたちが柵を飛び越えて野菜を集めるダイスゲーム。手番には野菜カードをめくって対応する柵に配置し、2~6の柵を宣言。ダイスを振ってその数以上が出ればそこにある野菜をもらえる。パスをすると追加ダイスをもらえる。集めた野菜は、種類別に最も多いプレイヤーだけが得点できる。

雲の船(Wolkenschiff)
ゲームデザイン:7バチス、イラスト:J.ビンタキス、2~4人用、6歳以上、20分。

雲の船の乗組員となって、雨を花壇に落とす協力ゲーム。嵐で落ちてくるあられが花を傷つけないように操縦し、花をたくさん咲かせよう。

ピック・ア・ペンシリーズ(Pick A Pen)
ダイスになった鉛筆で遊ぶ紙ペンゲーム。ガーデン(Gärten)、リーフ(Riffe)、宝箱(Schatzkammern)の3種類を発売。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。