Posted in シュピール15

シュピール15:イスタリゲームズ

★シェークスピア(Shakespeare) H.リガル作、1~4人用、13歳以上、20~90分。 ロンドンの劇場は騒然としています。ある週に、女王が新しい演目を見に来て、劇団の後援を約束したからです。大胆な演劇で聴衆の心を掴んできた若い作家たちにとっては一生に一度のチャンス。でもこんな短期間で傑作を…

続きを読む シュピール15:イスタリゲームズ
Posted in シュピール13

シュピール’13新作情報:イスタリゲームズ

徹底的に作りこんだゲーマーズゲームを発表しているフランスの出版社です。今年は『キーフラワー』のブリースデールとクニツィア、そして『ケイラス』のアティアを起用しました。 ★スパイリウム(Spyrium) W.アティア作、2~5人用、12歳以上、75分。ホビージャパンが取り扱ってすでに日本で発売されてい…

続きを読む シュピール’13新作情報:イスタリゲームズ
Posted in シュピール12

シュピール’12新作情報:イスタリ

フランスのイスタリ社は、昨年カナダのスコーピオン・マスク社と共同で『ケベック』をリリースしましたが、今年は単独での発表です。 ★ミルメ(Myrmes) Y.ルヴェ作、2〜4人用、75分。 アリの一族を繁栄させるボードゲーム。餌を集め、敵のアリと戦い、女王アリの要求でアリを育てます。各自のアリの巣ボー…

続きを読む シュピール’12新作情報:イスタリ
Posted in 日本語版リリース

『ケイラス』多言語版、本日発売

ホビージャパンは本日、フランスで王様のお城を建設するボードゲーム『ケイラス(Caylus』多言語版を発売した。2〜5人用、12歳以上、60〜150分、6300円。 2005年にイスタリ社(フランス)から発売され、ドイツ年間ゲーム大賞特別賞、ドイツゲーム賞1位、国際ゲーマーズ賞大賞、オランダゲーム賞1…

続きを読む 『ケイラス』多言語版、本日発売
Posted in 日本語版リリース

『ケイラス』多言語版、7月下旬発売

ホビージャパンは7月下旬、フランスで王様のお城を建設するボードゲーム『ケイラス(Caylus』を多言語版で発売する。2〜5人用、12歳以上、60〜150分、6300円。 13世紀末フランス。国境の村を舞台に、棟梁となって、フィリップ4世王の命により、街づくりと城の建設を行う。街にある建物に自分の職人…

続きを読む 『ケイラス』多言語版、7月下旬発売
Posted in か行

ケベック(Québec)

Win-Winで作るケベックの街 ケベック州はカナダ東部に位置し、大都市のモントリオールを擁する。カナダで唯一、フランス語を公用語にしている州である。ここで2008年から斬新なパーティーゲームを発表してきたメーカー、ル・スコーピオン・マスク社が初めて本格的なボードゲームに取り組んだ。これにフランスの…

続きを読む ケベック(Québec)
Posted in シュピール11

シュピール’11新作情報:イスタリ

8月に日本語を含む多言語版が発売された『オリンポス』のメーカー、フランスです。 ★ケベック(Quebec) P.ブードワン、P.ポワソン・マーキー作、2〜5人用、13歳以上、90分。 2007年のフランスのゲームデザインコンテストで優勝した作品です。カナダのスコーピオン・マスク社と共同で出版します。…

続きを読む シュピール’11新作情報:イスタリ
Posted in 国内ニュース

『オリンポス』多言語版、8月下旬発売

ホビージャパンは8月下旬、フランスの文明発展ゲーム『オリンポス(Olympos)』多言語版を発売する。3〜5人用、10歳以上、90分、6300円。 『スモールワールド』の作者P.キーヤーツの新作で、ファンの多いイスタリ社から発売される。ボードにはペロポネソスの原野や、神秘のアトランティスの輝く砂浜が…

続きを読む 『オリンポス』多言語版、8月下旬発売
Posted in あ行

アッシリア(Assyria)

腹が減っては戦ができぬ チグリス・ユーフラテス河岸を舞台に、食料を調達し、ジッグラトを建設するボードゲーム。フランスのイスタリ社が昨年のエッセン国際ゲーム祭で発売した新作で、同社では初めて、非フランス語圏のデザイナーを起用した。デザイナーのオルネッラはイタリア人で、『オルトレマーレ』『ヘルマゴール』…

続きを読む アッシリア(Assyria)
Posted in 海外ニュース

イスタリ社、次の新作は『アミティス』

『イス』『ケイラス』『ミケリノス』『イスファハン』と立て続けにヒット作を飛ばし、今月発売になった『ケイラス・マグナカルタ』も注目を浴びるフランスのゲームメーカー、イスタリ社の第5作目が明らかになった。その名は『アミティス』。 『アミティス』は、バビロニア王ネブカドネザル2世の王妃の名前である。あると…

続きを読む イスタリ社、次の新作は『アミティス』