Posted in  わ行 国産

ワールドモンガー(World Monger)

文明を育て、儲ける神々 神々がエジプト、ギリシャ、インド、漢、大和など15文明の発展を見込んで、株券を買っていくという壮大なスケールの国産ゲーム。ゲームマーケット2014秋で「遊星からのフリーキック(遊星ゲームズ)」が発表した。文明の発展はデッキ構築で行われるが、それぞれの文明はプレイヤー固有のもの…

続きを読む ワールドモンガー(World Monger)
Posted in わ行 国産

ワンナイト人狼(One Night Werewolf)

一夜だけの疑心暗鬼 人狼ブームとはいえ、人を集めてゲームマスターをたてるというのは容易ではない。また、「ゲーム中にどんな会話をしたらよいか分からない」という声も聞かれ、敷居は高いようである。人数が増えると時間がかかるという難点もある。 こういった人狼の弱点をカバーした人狼系の作品が次々と発売されてい…

続きを読む ワンナイト人狼(One Night Werewolf)
Posted in わ行

ワンダーランド(Wunderland)

旅は道連れ ドイツ・ハンブルクにあるジオラマテーマパーク「ミニチュアワンダーランド」。日本にも「東武ワールドスクウェア」(栃木県日光市)があるが、東武ワールドスクウェアが25分の1スケールで屋外展示なのと比べ、ミニチュアワンダーランドは87分の1スケールという精巧さと、室内展示ならではの照明を生かし…

続きを読む ワンダーランド(Wunderland)
Posted in わ行

忘れられた惑星(The Forgotten Planet)

一手で変わる我が鉱床 最近『塩の海の上で』が注目されているジョーキクス・イタリアが昨秋のエッセン国際ゲーム祭で発表した作品。ブースにもたくさんの人が訪れてこのゲームをプレイしていた。このメーカーは、ほかにも『ラプラタ川』『俗語論』『ワンモアバレル』など、やりがいのある戦略ゲームを作っている。 宇宙の…

続きを読む 忘れられた惑星(The Forgotten Planet)
Posted in わ行

ワイ・ディド・ザ・チキン(Why did the Chicken …)

ふざけた回答が選ばれた ランダムに生成された質問に対し、親に気に入ってもらえるような答えを作るゲーム。「笑点の大喜利のようなゲームだ」という評価を聞いていたが、回答をいくつでも書けるのと、選ばれた人以外はどの回答を書いたか分からないことにより、リラックスして好きな回答を出せるのがいい。 お題は質問カ…

続きを読む ワイ・ディド・ザ・チキン(Why did the Chicken …)
Posted in わ行

私の世界の見方:新世界(Neue Welten)

まだ見ぬ世界へ スイスのワード系コミュニケーションゲーム『私の世界の見方』の拡張セット。単独で遊ぶこともできるし、カードのサイズは同じなので基本セットに混ぜて遊ぶこともできる。昨年のエッセンで発売されたものを、年末年始にかけて翻訳し、お正月のゲーム会に間に合わせた。 遊び方は前回と同じで、親がお題カ…

続きを読む 私の世界の見方:新世界(Neue Welten)
Posted in わ行

ワニに乗る?(Tier auf Tier)

ありえないアニマルサーカス いろんな動物のコマを崩さないように積み上げるバランスゲーム。2005年のドイツ年間ゲーム大賞でキッズゲームの推薦リストに入った。それから5年、今や安定したロングセラーとなっている。 みんな各種1匹ずつ、7匹の動物をもってスタート。中央には邦題にもなっているワニを置く。自分…

続きを読む ワニに乗る?(Tier auf Tier)
Posted in わ行

私の世界の味方(Wie ich die Welt sehe…)

【ニコニコ動画】【ウソM@S】アイドル達の世界の見方【ドイツゲーム】 スイス発のコミュニケーションゲーム。惜しくも絶版になってしまった『アップルトゥアップル』に類似したゲームながら、カードの多様性とダミーカードによって、大人が大笑いできるゲームとなっている。ドイツ年間ゲーム大賞推薦リスト、アラカルト…

続きを読む 私の世界の味方(Wie ich die Welt sehe…)
Posted in わ行

ワード・ウィツ(Word-Whiz)

できるだけ長い単語で母音稼ぎ カードで指示された3つの子音で単語を作るワードゲーム。1996年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品。 各プレイヤーは母音(A,I,U,E,O)のコマが乗ったボードをもつ。目標はこれらのコマを一番奥まで進めること。場には3枚の子音カードがあり、山札から1枚めくって1つだ…

続きを読む ワード・ウィツ(Word-Whiz)
Posted in わ行

ワイルドバイキング(Wilde Wikinger)

競りに乗るか乗らないか アジトの島を目指して戻ってくる宝船に積まれた宝石を、競りで奪い合うゲーム。競りが入っている時点で対象年齢はずいぶん高めだと思うが、ハバ社のキッズゲームである。 アジトの近くには赤青黄3隻の船が列を作って寄港を待っている。ダイスを振って、赤なら赤い船、青なら青い船、黄色なら黄色…

続きを読む ワイルドバイキング(Wilde Wikinger)