Posted in

私が夢みるとき(When I Dream)

一富士二鷹三茄子 エッセン・シュピールでのプロモーション。寝ている人に妖精とブギーマンがささやく 目隠しをしてほかのプレイヤーのヒントからキーワードを当てるコミュニケーションゲーム。プレイヤーの中には、ミスリードをして間違えさせようとしている者もおり、注意深く聞く必要がある。 順番にプレイヤーのひと…

続きを読む 私が夢みるとき(When I Dream)
Posted in

ワードスラム(Word Slam)

たったこれだけのヒントで! 限られた単語を並べてお題を当ててもらうコミュニケーションゲーム。『脱出:ボードゲーム』など新ジャンルに挑戦続けているブラント夫妻の作品で、今年のドイツ年間ゲーム大賞で推薦リストに選ばれている。 2チームに分かれ、各チームから親を1人ずつ出す。2人の親は、お題カードを引き、…

続きを読む ワードスラム(Word Slam)
Posted in

WAになって語ろう(Let’s Make a Circle and Talk)

『御朱印あつめ 』『檀家-Danka- 』に続くお寺ゲーム第三弾。お盆に実家に集まって、普段はなかなか話さないことを語り合う雰囲気のコミュニケーション記憶ゲームである。お盆に風呂敷包みというコンポーネントが面白い。 自分の番にはカードをめくって、書かれた質問を隣の人にする。「今までで一番幸せだった瞬…

続きを読む WAになって語ろう(Let’s Make a Circle and Talk)
Posted in  国産

ワードポーターズ(Word Porters)

深まる先入観 ヒントカードにチップを置いて、お題を当ててもらうコミュニケーションゲーム。本格的なゲーマーズゲームと、奥の深いカードゲームを出しているOKAZU Brandの新作で、『Good Price!』『擬人化総選挙』以来5年ぶりのコミュニケーションゲームとなる。直感的で遊びやすく、それでいてデ…

続きを読む ワードポーターズ(Word Porters)
Posted in  国産

渡る世間はナベばかり(Wata-nabe)

絞り込んで覚える 「渡邉」か「渡邊」かそれとも? 微妙に少しずつ違う「ナベ」の漢字を使った神経衰弱ゲーム。ネットで話題となり、ゲームマーケット2016神戸では長い行列ができた。現在のところ限定の無料配布版で、アークライト社からの一般発売されることが決まっているという。 ワタナベさんは「部」「辺」が一…

続きを読む 渡る世間はナベばかり(Wata-nabe)
Posted in

私の村の人生(My Village)

効率のよい村をデザイン 小さな村を発展させて名声を集めるゲーム。2012年にドイツ年間エキスパートゲーム大賞とドイツゲーム賞を受賞した『村の人生』のダイスゲーム版ではあるがプレイ時間は90分、じっくり遊ぶゲームだ。 場には教会、議会、修道士、畑、買物客、旅、職人の建物といったカードがずらりと並んでい…

続きを読む 私の村の人生(My Village)
Posted in

私の世界の見方・日本版(Wie ich die Welt sehe…Japanese Ed.)

笑える度パワーアップ お題の空白部分に合うカードを出して、親に選んでもらうことを目指すスイスの大喜利系ゲーム。これまでドイツ語版がラベル付きで日本に輸入されていたが、今秋テンデイズゲームズが日本版を発売した。大量のカードにラベルを貼る手間がなくなっただけでなく、お題カード、単語カードが日本人向けにロ…

続きを読む 私の世界の見方・日本版(Wie ich die Welt sehe…Japanese Ed.)
Posted in  わ行 国産

ワールドモンガー(World Monger)

文明を育て、儲ける神々 神々がエジプト、ギリシャ、インド、漢、大和など15文明の発展を見込んで、株券を買っていくという壮大なスケールの国産ゲーム。ゲームマーケット2014秋で「遊星からのフリーキック(遊星ゲームズ)」が発表した。文明の発展はデッキ構築で行われるが、それぞれの文明はプレイヤー固有のもの…

続きを読む ワールドモンガー(World Monger)