Posted in  国産

ヘゲモニア戦記(Epic of Hegemonia)

スライム合体! ドラゴン、エルフ、スライム、エイリアン、そしてヒューマン。これら5つの種族がヘゲモニアの地の覇権を争う異種格闘エリアマジョリティーゲーム。ゲームマーケット初出展となるスタジオムンディがゲームマーケット2019春で発表した。種族の能力に性格が現れていて感情移入してしまう。 各プレイヤー…

続きを読む ヘゲモニア戦記(Epic of Hegemonia)
Posted in

ベルラッティ(Belratti)

心の中で叫ぶ「ちげーよ!」 美術館員が画家に発注した絵を、贋作家のベルラッティが適当に混ぜ込んだ中から見つけ出す協力ゲーム。今年のエッセン・シュピールで行われたスカウトアクションでノーマークから1位になり、「フェアプレイのサプライズ」と呼ばれている作品である。 出展3年目となるモーゲル出版(ドイツ)…

続きを読む ベルラッティ(Belratti)
Posted in

ヘヴン&エール(Heaven & Ale)

美味いビールを仕込む物語 古い修道院の院長となり、神の御許でビール醸造所を運営するボードゲーム。エッセン・シュピールのスカウトアクションで6位に入り、ドイツ年間エキスパートゲーム大賞にノミネートされた。戦略性が高く、下手をするとほとんど点数が取れないまま終わってしまう分、上達の余地は限りなくあるザ・…

続きを読む ヘヴン&エール(Heaven & Ale)
Posted in

ヘラス(Hellas)

石切場、閉鎖間近! ギリシャの島で神殿や宮殿を建設し、都市を広げる陣取りゲーム。S.ドラがホワイトゴブリンゲームズ(オランダ)から発表した。ドラの作品はデザイナー買いしているが、シュピール’16ではホワイトゴブリンゲームズが出展しなかったため、作者のフェイスブックで売っている場所を確認し…

続きを読む ヘラス(Hellas)
Posted in

ベルズ(Bellz!)

ヒット・アンド・アウェイ 磁石の棒で、自分の色の鈴を集めるカナダのアクションゲーム。そろりと近づけるとほかの色の鈴までくっついてきてしまう。スピードを付けて棒を動かそう。 おしゃれなバッグの中には4色の鈴。棒は両側に磁石が付いていて、磁力がやや違う。自分の番には、この棒をもってバッグの中の鈴に近づけ…

続きを読む ベルズ(Bellz!)
Posted in

ヘンギスト(Hengist)

どれにしようか村のルート イングランドを舞台に村々を略奪してお宝を集める2人用ゲーム。U.ローゼンベルクの作品で、『パッチワーク』に続くルックアウトシュピーレの2人用ゲームシリーズとして昨秋に発売された。途中のルートはあみだくじのようになっていて、お宝の価値は、行ってみるまで分からない。 自分の番に…

続きを読む ヘンギスト(Hengist)
Posted in

ヘックス&ホップ(Hexx & Hopp)

焦るほどに分からず 六角形のタイルをできるだけ多くの辺の色が合うように置くスピード勝負のゲーム。シュピール15で『7人のマフィア』と共に夕日のドライハーゼン社から発売された。欲張ればスピードが落ちるけれども、うまくいったときに当たりが大きい。 最初は7枚のタイルを放射状に並べ、全員にタイルを15枚配…

続きを読む ヘックス&ホップ(Hexx & Hopp)