Posted in  あ行

アイル・オブ・キャッツ(The Isle of Cats)

海の藻屑となる前に 闇の勢力が迫るネコの島から、ネコをたくさん船に乗せて救出することを目指すタイル配置ゲーム。ネコタイルは一癖も二癖もある形状で、ぴったり配置するのは大変だが、救出というテーマがモチベーションを最後まで高めてくれる。 毎ラウンド、島の周りに袋から引いたネコタイルが並べられる。悲しい…

続きを読む アイル・オブ・キャッツ(The Isle of Cats)
Posted in  あ行 国産

アザトース(Azathoth)

アザトース宣言 旧き神々の信徒たちが、巷にはびこる冒涜的な肖像(胸が強調されているものなど)を発見して炎上させつつ、先に抜け出そうとするあざとい信徒を糾弾するカードゲーム。北条投了氏がゲームマーケット2020秋で発表した。特殊効果カードがある変則ババ抜き。 冒涜的な肖像カードを配りきり、旧き神々カー…

続きを読む アザトース(Azathoth)
Posted in  あ行 国産

アマルフィ(Amalfi)

資源が余るふぃ 15世紀イタリアを舞台に、船をやりくりして資源を集め、さまざまな人物の能力も使って勝利点を競うゲーム。「精神科医のボードゲーム日記」のtakewatch氏が、ゲームマーケット2020大阪で発表する予定だった作品で、製作が遅れているうちに2つのゲームマーケットが中止となり、結局6月に発…

続きを読む アマルフィ(Amalfi)
Posted in あ行 

オルレアン・ストーリーズ(Orléans Stories)

長くてドラマチックな物語 バッグビルディングの名を世に知らしめ、拡張が2タイトル出た『オルレアン』を、もっとじっくり楽しみたい人向けに今年発売されたビッグボックス(3kgある)。飢饉やペストを乗り越えてきたオルレアンの歴史に沿ってゲームを進める。 バックグラウンドストーリーが付いており、各自が小冊子…

続きを読む オルレアン・ストーリーズ(Orléans Stories)
Posted in  あ行

アズール:サマーパビリオン(Azul: Summer Pavilion)

揃えて大得点、囲んでボーナスタイル 『アズール』がドイツ年間ゲーム大賞とドイツゲーム賞をダブル受賞して3年目。このゲームの特性として拡張が入れにくいということもあったのだろう。互換性のないスタンドアローンの作品である『シントラのステンドグラス』が昨年発売され、さらに今年この作品が発売された。お披露目…

続きを読む アズール:サマーパビリオン(Azul: Summer Pavilion)
Posted in あ行 

ウィングスパン(Wingspan)

遊び心いっぱいのカード効果 自分の鳥獣保護区にいろいろな鳥をたくさん集めるバードコレクションゲーム。アメリカの女性デザイナーの作品で、ストーンマイアーゲームズ(アメリカ)から今春発売され、フォイヤーラントシュピーレによるドイツ語版がドイツ年間エキスパートゲーム大賞とドイツゲーム賞をダブル受賞している…

続きを読む ウィングスパン(Wingspan)
Posted in  あ行 国産

アテッコ(Atekko)

分かりそうで分からない 自分からは見えない自分の正体を、質問を通して当てるコミュニケーションゲーム。もとはゲームマーケット2015春に「スヲさんち」から発表された『あてっこついたて』で、少量生産ながらJELLY JELLY CAFEで人気を集め、今年、JELLY JELLY GAMESでリメイクされ…

続きを読む アテッコ(Atekko)
Posted in  あ行 国産

アクロス・ザ・ユナイテッドステイツ(Across the United States)

延ばしたい路線≠やりたいアクション 19世紀のアメリカを舞台に、株を購入し鉄道を延伸するボードゲーム。ゲームマーケット2019春に発表されたOKAZU brandの最新作で、久々の大箱ゲームでもある。鉄道や株というと重量級ゲームだと思われるかもしれないが、ゲーム中にやりたいことがはっきり見えていて、…

続きを読む アクロス・ザ・ユナイテッドステイツ(Across the United States)
Posted in あ行  国産

ウリニゲマンレオ(Ulinigeman Leo)

薄い壁も重ねれば アパート建築賃貸請負会社の営業となって、できるだけ壁の薄いアパートを多く建てるゲーム。壁が薄すぎると、完了検査で通らないというテーマを、「カードを透かして文字を読む」というアクションに見事落とし込んだ北条投了先生の面目躍如な作品である。 壁には薄い壁(白い紙切れ)、防音壁III(縦…

続きを読む ウリニゲマンレオ(Ulinigeman Leo)
Posted in  あ行

アズール:シントラのステンドグラス(Azul: Stained Glass of Sintra)

右から行くか、左から行くか 『ドミニオン』以来9年ぶりとなるドイツ年間ゲーム大賞、ドイツゲーム賞をダブル受賞したタイル並べゲームの続編。タイルの取り方は同じで、異なるプレイ感を生み出している。 中央の丸いタイルに4枚ずつ、ランダムに置かれたステンドグラスタイルから1色を選び、その色のタイルを取って自…

続きを読む アズール:シントラのステンドグラス(Azul: Stained Glass of Sintra)